<< 朝顔の水耕栽培(6)8月24日 | main | 第10回 ネパールフェスティバル Nepal Festibal 2017 >>
2017.08.26 Saturday

二日酔いになると思い出すことになる話

JUGEMテーマ:二日酔いを語ろう

 

 今朝は、というか、もう昨日になってしまったが、つらい二日酔いであった。

 

 二日酔いになると思い出してしまう話がある。浅草の飲み屋で知り合った初老の男性から聞いた、思い出したくないのに思い出す社員旅行の話である。


 その方が勤めていた会社では、全社員で温泉旅館に泊まり、夜は大宴会で飲んで騒ぎ、二次会で温泉街を飲み歩くという社員旅行を毎年やっていたそうだ。今もやっている会社もあるだろうが、昔はそんな会社が多かった。

 

 ある年の社員旅行で、一泊した翌日のことだ。いつもよりも多く、ほとんどの社員が非道い二日酔いになってしまったことがあったという。いつもより量を飲んだからなのか、何か悪い酒だったのか、理由はわからない。

 

 とにかく、ほとんどの社員が二日酔いで朝食の時間を迎えてしまった。

 

 朝食も大広間で全社員が並んで一緒に食べる。できれば自分たちの部屋で横になっていたい人が多かったが、全員が揃って朝食を食べることが暗黙の決まりになっているので、いやいや集まっていた。

 

 朝から酒も頼めば飲めるのだが、ほとんどの社員がうなだれて、黙り込んで、じっとおとなしく座って、箸も動かさず気持ち悪そうにしている。夜遅くまで飲んで、非道い二日酔いのうえに睡眠不足も重なっているのだからしかたないだろう。

 

 その様子を見て不機嫌になったのが専務だ。初めは何言わずに食べていたが、ついに怒り出した。そして、

「おまえら、朝から何なさけねー顔してんだ。だらしねーんだよ。通夜じゃねーんだ、ばかやろう」

と、怒鳴った。

 

 そして目の前にあった徳利を持ち上げて、

「いいか朝飯ってのはこうやって食うんだ」

と、言うと、中の日本酒をなみなみと飯にぶっかけ、茶漬けのように掻き込みはじめた。

 

 それを見た二日酔いの社員たちは、その味を想像してしまい、さらに気持ち悪くなり、何人もがこらえきれず便所に駆け込んで行った、という。

 


 二日酔いになると、この話を思い出してしまい、私も余計に気持悪くなる。だから、このブログ記事を読んでいただいた方々も、きっと同じようになるはずだ。

 

 あなたも二日酔いになると、ご飯に日本酒をぶっかけて、茶漬けのように食べるこの話を思い出すことになるよ。そして、もっと気持ち悪くなるよ。思い出して気持ち悪くなるよ。

 


 ちなみに、その専務は食べ終わってから「これがほんとのサケ茶漬け」などとは言っていなかったようである。

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Profile
Categories
Search this site.
Selected Entries
タニタ
日本文化センター
Amazon
Recommend
【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠
【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠 (JUGEMレビュー »)

二日酔の原因物質の分解を助け、症状を改善します。
人気ブログランキング
ブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 都々逸へ
Archives
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM